こんなデリヘル嬢はイヤだ! -デリヘル猛者たちの失敗談-

成功談より失敗談の方がためになる! ユーザーの方には「あるある。わかるわー」との共感を、女の子には「こうならないように」という教訓を。双方にとってためになるデリヘル四方山話

*

素人が多いデリヘルだからこそ

実際の話、ここまでお店の数が増えてしまうと玉石混合、楽しい話ばかりではいられないのがデリヘル体験話。ただ、正味、デリヘル体験話は「失敗の方が面白い」なんていう意見もある。例えば、みんなで飲んだ帰り。「よし、久々にみんなで行ってみっかー」となった場合、どう考えてもその後「反省会」なんて名前をつけてみんなで会い、再度飲み直したりするでしょ? みんながどうだったかをツマミに。そんな時に「こんな若くて可愛いコが出てきて、それがまたすっごくエロくて…」なんて明らかな自慢話を聞きたいか?「自分の胸にだけしまっとけ」と考えるわな。そういう時、やっぱり盛り上がるのは「いかに華麗に失敗したか」だったりする。ただ、逆にこういう時一番困るのは、失敗したはしたんだが、話すほどネタ性がない、という地味な失敗。自分自身にダメージを負いつつ、しかも公表し、ネタとして昇華することもできないシロモノ。これが地味に効くんだ。「オレ何やってんだろう」ってふと我に帰ってしまう瞬間でもある・・・。お店にとってもユーザーにとっても、そして女のコにとっても大きなマイナスである。そこで現役、元を問わず筆者知り合いの「デリヘル猛者」たちを集め「取材」と称した飲み会を開催、「公表してネタにもできない失敗談」を集めてみた。ヤツらには「ここでネタとして昇華したということで、へこたれず次からも楽しいデリヘルライフを続けてください」なんて殊勝なことを言ったのだが、なぜ集めたのかといえば、世のデリヘル嬢たちへの反面教師としてほしいため。これが裏テーマ。あえてこれらを公表し「当てはまっちゃうかも」と考える女性たちへの警句としたい。これにより少しでもそんな女性たちが減ることを望む。だから当然治しようのないもの、単なる誹謗中傷は省いた。このちょっぴり耳の痛い意見を生かすも殺すも貴女次第というわけだ。まだまにあう。貴女がユーザーから「残念なデリヘル嬢」と呼ばれないために力を尽くそう!
千葉市の栄町にあるデリヘルは女性が多いだけに見ているだけでも楽しめます。

公開日:
最終更新日:2016/01/27